[節約献立]厚揚げ03 厚揚げのそぼろ丼

安い!うまい!早い! まゆみちゃんのスーパー節約献立

今月のテーマ:厚揚げ

厚揚げは、1パック100円前後で売られている節約食材です。私は、厚揚げは節約の“神的食材”って思ってますよ♪ そこまでべた褒めするには、ちゃんと理由があります。値段的にも安定してリーズナブルなうえに、木綿豆腐に比べてカルシウム・鉄分・たんぱく質は何倍も高い栄養素が含まれているんですよ。、また豆腐と違って水分をしっかり抜いているので、水切りせずにお料理ができます。でも揚げている分、どうしても油分が気になるので、お料理を作る前に厚揚げに湯をかけて油を落としておくとよいでしょう。余計な油分を落とすことで、お料理した時に味もしみこみやすくなりますよ。

 

厚揚げのそぼろ丼

Recipe…材料/2人分
・鶏ひき肉 150g
・厚揚げ 1枚


・みりん 大さじ2
・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2

・たまご 2個
・マヨネーズ 小さじ1

・刻みネギ 適量

・サラダ油 小さじ1

1ボウルに卵を溶きほぐし、マヨネーズを混ぜる。
2フライパンに油を熱し、1の溶き卵を流し入れ、炒り卵を作る。いったん取り出し、フライパンの汚れをペーパーで取る。
3 2の空いたフライパンに鶏ひき肉と厚揚げを入れ、厚揚げの形を崩しながら炒める。肉の色が変わってきたら合わせたAを流し入れ、煮詰めるように味をなじませる。
4器にご飯を盛り、そぼろ→炒り卵→刻みネギの順にのせる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
*節約ポイント
鶏ひき肉はさい箸でほぐしすぎないようにしましょう。お肉っぽさが残るほうが、厚揚げとなじみやすくなります。厚揚げはフライパンの中でフライ返しを使って形を崩すだけでOKです。

 

09
*保存ポイント
冷凍・冷蔵保存どちらも、しっかり粗熱をとりましょう。

冷蔵保存:密閉容器に入れて、3日程度可能。
冷凍保存:小分けにしてラップで包み、2週間程度可能。

*献立例
厚揚げのそぼろ丼・コールスローサラダ・コーン缶のスープ

 

 

 

 

 

 

ワイヤーママ2016年12月号掲載

筆者プロフィール
武田真由美(たけだまゆみ)
1976年生まれ、徳島県出身。独自の節約術が主婦雑誌で紹介されたことがきっかけで、節約アドバイザーとして活躍を開始。そのワザは、多くの主婦から絶大な支持を集める。テレビ出演やWEBサイトでの執筆、クッキングショーへの出演など多方面で活躍中。2015年9月には著書「時短×カンタン×おうちごはん」(ワイヤーママ、800円+税)を出版。

ホームページ
http://ameblo.jp/bistromayumi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です