祖川先生の子育ての裏技コラム VOL.137 交差点でこどもが急に飛び出さなくなる裏ワザ

道路を歩くときに、いつも手をつないでいられれば良いのですが、こどもが一人でいきなり走り出してしまうことも多いですよね。こどもは見通しの悪い四つ角でもへっちゃらで、手を離すとすぐに飛び出していきます。「飛び出してはダメ!」「危ない!」。お母さんはこう言いながら追いかけるのですが、こどもは追いかけっこのように逃げてしまいます。そこへ本当に車が来たら…、考えただけでもゾクッとします。

ではそんなときどうすればいいのか? まず大切なのは“分かりやすい言葉”を使うことです。「飛び出さないで!」と言っても、こどもは“飛び出す”という言葉の意味が理解できません。「危ない!」も同じです。何がどう危ないのかが分からないので、すぐには反応できません。ですので、シンプルに「止まれ」か「ストップ」と声をかけるのがベストです。危ないと思ったら、おもいっきり大きな声で「止まれ!」「ストップ!」と声に出してください。分かりやすくて大きな声の言葉なら、こどもの反応も早くなりますよ。

また見えないところから車が来る恐ろしさを教えるために、前もって少しだけ恐怖を体験させることも有効です。そのためにはまず、こどもにタオルで目隠しをして家の中を少し歩かせてみてください。こどもは見えないことへの恐怖から、決して走ろうとしないはずです。そして次の日、四つ角で見えないところを指して「昨日の見えない練習は怖かったね。車も同じように見えないところから急に出てくるのよ」と言って教えてあげるのです。目隠しをされて見えなかったことを経験してから、交通ルールや、何がどう危ないのかを教えてあげれば、ずいぶん聞く耳が違ってきますよ。

201703祖川先生送信用

ワイヤーママ2017年3月号掲載

祖川泰治先生
祖川幼児教育センターの園長。明るい笑顔とオリジナルの教育理論で、ママさんから絶大な信頼を得ている。もちろんこどもにも大人気!! このコラムでは祖川先生の著書『失敗しない育児のスゴワザ51』(発行/ワイヤーオレンジ)から、反響のあった子育てのヒントを加筆・修正してお届けします。

 

祖川幼児教育センター
住所
徳島市中前川町1-42
電話番号
088-623-6600
ホームページ
http://www.sogawakun.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です