[節約献立]アレンジできる日持ちするおかず02 れんこんと乾物の甘辛炒め

安い!うまい!早い! まゆみちゃんのスーパー節約献立

今月のテーマ:アレンジできる日持ちするおかず

新生活スタートの4月。みなさん、新しい環境に慣れるまで、疲れも出てきますね。そんなときは、お休みのときに日持ちするおかずを作っておきましょう。今回ご紹介するおかずは、日持ちすることはもちろん、アレンジもできるおかずです。ハヤシライスは、オムライスやコロッケのソースとしても使えます。れんこんと乾物の甘辛炒めは、手でちぎったレタスを足して、マヨネーズで和えればサラダに変えることもできます。豚肉のしょうが焼きは、卵でとじて丼の具にしたり、キャベツと焼きそば麺を足して焼きそばにもできます。あらかじめアレンジできる日持ちするおかずを作っておけば、1週間少しラクチンクッキングができるかもしれませんね♪

れんこんと乾物の甘辛炒め

Recipe…材料/2人分
・乾燥芽ひじき 10g
・高野豆腐 1枚
・れんこん 1節

・ごま油 大さじ1

・しょうゆ 大さじ1と1/2
・みりん 大さじ1

1ひじきは水戻しして(戻し方はポイントを見てね)、しっかり水気を絞る。高野豆腐はぬるま湯で戻し、しっかり洗って小さく手でちぎる。れんこんは皮をむき、5ミリ厚の半月切りにする。
2フライパンにごま油を熱し、れんこんを炒め、しんなりし始めたらひじきと高野豆腐を入れて炒める。
3みりんを加えて炒め、しょうゆを加えて汁気を飛ばしながらさらに炒める。

節約point
ひじきの水戻しはザルで行うと目詰まりして後が大変です。ボウルに新しい排水口ネットをかぶせ、ひじきを入れて水戻しすると目詰まりせずにすみます。また、早く戻したいときは、少量の砂糖を加えるとよいでしょう。

保存point
冷蔵3~4日、冷凍2週間程度保存可能。

献立例
れんこんと乾物の甘辛炒め・サバの塩焼き・ごはん・みそ汁

 

ワイヤーママ2017年5月号掲載

筆者プロフィール
武田真由美(たけだまゆみ)
1976年生まれ、徳島県出身。独自の節約術が主婦雑誌で紹介されたことがきっかけで、節約アドバイザーとして活躍を開始。そのワザは、多くの主婦から絶大な支持を集める。テレビ出演やWEBサイトでの執筆、クッキングショーへの出演など多方面で活躍中。2015年9月には著書「時短×カンタン×おうちごはん」(ワイヤーママ、800円+税)を出版。

ホームページ
http://ameblo.jp/bistromayumi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です