[パパでも出来る簡単ご飯]こどもたち大喜び。ポテチより断然こっちなローカロリー【ジャガイモにチーズのっけて焼いただけ】

どうも、こんにちは。ワイヤースタッフぎゃるどです。前回の【お好みモドキ】が一部の“ママさんに”好評だったので、第二弾です。しかし、「多くのパパは包丁を使ってキャベツを切らない」ともお声いただきましたので、じゃぁ入門部門ということで、ジャガイモ使って、土日にパパでも出来そうなものなんかつくりまーす♪ パパさん、ぜひ包丁を手にとってみてね。


ジャガイモ。タワシでなくて結構です、土を落とす程度に洗ってください。(小ぶりなの6コ程度今回は使います)


芽にはソラニン毒素がありますので、しっかりくり抜きましょう。(って、小学校の家庭科とかで習わなかった?)


皮は剥かないでかまいません。気になる方は剥いてね。

幅広に取れるよう細い方でまずは半分にカット


半分に切った平面を下にすると安定して切りやすいですよ(※パパのための初心者向け一行)


切り終わったら、水にしばらくさらしてください(変色をおさえるのと、広げやすくするため)10分ぐらいでいいと思います。


ジャガイモを水にさらしている間に、スライスチーズの準備。


スプーンの柄などを使って、割きやすくライン入れ(別にこの作業はしなくても可。最終的にちぎればいいだけだから)


オーブントースターのトレイにクッキングシートを敷いて、その上にジャガイモをばらまく。(几帳面な人は、キレイにちょっとづつ重ねて芸術的にならべてみたりしてください。見た目もさらにおいしさアップします♪ まぁ、食べたら一緒やんて思ってしまうとズボラな僕は、もう↑で全然OKなのです。)


チーズを載っけて


トーストモード4枚で焼く


トースト4枚1回目(我が家の場合は、これ12分ぐらい)だと、チーズが少々とける程度なので、再度同じく焼く

チーズに焦げ目がついて、美味しそうと感じたらOK。まだ焼きが足らないなと思ったら、再度2枚分の時間を追加で焼くなどしてね。


クッキングシートごとお皿に移動して(洗い物が楽です)、ケチャップかけてどうぞめしあがれ。

(※残ってたケチャップの量が少なかったため、最後バヒュっ!っとなり、何か事件現場のようになりましたが、気にしない気にしない。食べたら一緒!)

食べ終わった後の、後片づけ、洗い物も忘れずにね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です