祖川先生の子育ての裏技コラム VOL.142 脱いだクツを揃える整理の裏ワザ

「ただいま~」と外から帰ってきたのはいいけど、玄関に行ってみたら脱いだクツがバラバラ…。一緒に家に帰っても、パパッとクツを脱いだまま部屋の中へまっしぐら…。「クツを揃えてよ!」とか「靴箱に入れて!」と怒ったら、そのときだけはしぶしぶと行動してくれるけど、怒るのを忘れると“もとのもくあみ”に。そんなご家庭も多いはずです。

そこで、少し時間がかかる方法なのですが、今回は脱いだクツを揃えたり、靴箱にきちんと片づけるための裏ワザを紹介しましょう。大切なのは、叱ったり無理矢理やらせるより、ちょっとでも(お母さんのマネでもOK)自分でクツを揃えたり、靴箱に入れたときに「うわぁ~、キレイ」と、ひとこと語りかけることなのです。言葉はどんなものでも良いのですが、何のために“それをした”のか、そして“そうしたら(片づけたら)どうなった(キレイになった)”のか、という行動と結果を言葉で分かりやすく伝えてあげることが大切なのです。

このように言葉で褒めてあげて、ようやくこどもは“クツを揃えること”で“キレイになった”と分かります。そうすると、お母さんに褒められたことも嬉しいし、自分自身もなにか少し誇らしい気持ちになり、それが習慣化していくようになります。つまり納得の度合いが違うのです。毎日叱って無理にやらせるより“できたことをどう褒めるか”がポイントなのです。この方法は脱いだ服をきちんと洗濯カゴに入れる作業や食器のお片づけ、さらには使用後の文房具の整理など、生活のいろんあ場面で応用できます。肝心なのは、自発的に良い行動をしたときにそれを見逃さず褒めること。くどいようですが、褒めてあげる場合は“どうなったから褒められている”のかが分かるような褒め方をしてください。たとえば「うわー、きれいにそろえてる!」や「お片づけが上手ね!」などの褒め方が良いでしょう。そのときには手をパチパチする動作(拍手)もつけてくださいね。

 

ワイヤーママ2017年8月号掲載

祖川泰治先生
祖川幼児教育センターの園長。明るい笑顔とオリジナルの教育理論で、ママさんから絶大な信頼を得ている。もちろんこどもにも大人気!! このコラムでは祖川先生の著書『失敗しない育児のスゴワザ51』(発行/ワイヤーオレンジ)から、反響のあった子育てのヒントを加筆・修正してお届けします。

 

祖川幼児教育センター
住所
徳島市中前川町1-42
電話番号
088-623-6600
ホームページ
http://www.sogawakun.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です