祖川先生の子育ての裏技コラム VOL.143 おねしょやおもらしをなくす裏ワザ

こどもは“おもらし”や“おねしょ”をするのが普通です。でも、お母さんにとっては毎日のトイレトレーニングが大きな悩みのタネとなり「どうしてうちの子はこんなにおもらし(おねしょ)をするの? どこかニブイのかも…」と心配してしまいます。

まず知っておいてほしいのですが、昼間の“おもらし”がなくなるのが3歳ごろで、夜間の“おねしょ”は5歳ごろまでになくなるのが平均と言われています。でも“おもらし”や“おねしょ”には個人差があり、紙オムツの質も上がってきていますので、完全に失敗しなくなるのは小学生になってからだと言ってもオーバーではありません。ですので、こどもにあまりプレッシャーをかけないでくださいね。

そしてここからが裏ワザです。“おもらし”や“おねしょ”をなくすには、脳と膀胱をつなぐ回路をつくることがポイントとなりますので、以下の3つの方法でより強い回路をつくってみてください。最初のトレーニングは[①オシッコをガマンする]ことです。トイレに行ってオシッコをする前に「1・2・3…」と数えさせ、“ガマン”を教えましょう。この“ガマン”が脳と膀胱の回路をつくります。ただし長すぎると体に良くないので“10”くらいまでを目安にしてください。次は[②オシッコを途中で止める]練習です。オシッコの途中に「はい、ストップ」で止めさせてみてください。そうすることで回路はより鍛えられます。最後にもっとも大切なことは[③“おもらし”も“おねしょ”も怒らない]ことです。もちろん練習なんだから“ガマン”や“途中止め”ができなくても怒らない。自分でもどうすればいいか分からないことで怒られても、こどもには意味が分からず改善できません。トイレでのオシッコが嫌いにならないように楽しむことを忘れず、ゆっくりトレーニングをしてあげてくださいね。

 

ワイヤーママ2017年9月号掲載

祖川泰治先生
祖川幼児教育センターの園長。明るい笑顔とオリジナルの教育理論で、ママさんから絶大な信頼を得ている。もちろんこどもにも大人気!! このコラムでは祖川先生の著書『失敗しない育児のスゴワザ51』(発行/ワイヤーオレンジ)から、反響のあった子育てのヒントを加筆・修正してお届けします。

 

祖川幼児教育センター
住所
徳島市中前川町1-42
電話番号
088-623-6600
ホームページ
http://www.sogawakun.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です