[節約献立]大掃除の昼ごはんに用意しておきたいお弁当03 大根のエスニックそぼろ丼

安い!うまい!早い! まゆみちゃんのスーパー節約献立

今月のテーマ:大掃除の昼ごはんに用意しておきたいお弁当

年末年始といえば! 「大掃除」があります。皆さんは大掃除のときの昼ごはんってどうしていますか? 大掃除のときは、掃除途中でごはんを作る時間もなかなか取れないし、かといってお弁当を買ってくるのも時間がかかるし、お金もかかるものです。そこで、大掃除にとりかかる前に丼系のお弁当を作っておくと、調理にも盛り付けにも手間がかからず、パクパク食べてすぐ掃除にとりかかれます。味付けもお肉に下味をしみこませておけば、作るときは炒めるだけですむので、保存ポイントで下味もご紹介します。

大根のエスニックそぼろ丼

Recipe…材料/2人分
・冷凍大根(サイコロ状) 1/4本分
・大根葉 お好みで適量
・【鶏むね・エスニック漬け】(※3) 1パック
・オリーブ油 小さじ1

1冷凍大根(サイコロ状)は解凍し、水けをしっかり絞る。
2フライパンにオリーブ油を熱し、1の大根(サイコロ状)・【鶏むね・エスニック漬け】1パックを加え、火にかけて炒める。火が通ってきたら、大根葉も(あれば)加えて炒める。
3お弁当箱にご飯を盛り、2も加える。

*節約ポイント
大根は火の通りに時間のかかる野菜です。大根をいったん使いやすい大きさに切って、ポリ袋に入れて冷凍します。大根は冷凍すると水分が抜けるので、その分火の通りも早くなり、調味料もしみこみやすくなります。

*保存ポイント
鶏肉に下味をつけて、保存しておきましょう。お好みの野菜と炒めれば、ガパオライス風のエスニック味のそ鶏肉に下味をつけて、保存しておきましょう。
お好みの野菜と炒めれば、ガパオライス風のエスニック味のそぼろが作れます。


<鶏むね・エスニック漬け>

【材料:お弁当2人分】

鶏むね肉 1/2枚
(⇒1.5㎝角に切る)
ナンプラー 大さじ2
砂糖・おろしにんにく 各小さじ1

材料を合わせてもみ込むだけ!保存期間の目安は冷蔵3日程度・冷凍2週間程度です。
ぼろが作れます。

(※3)
【鶏むね・エスニック漬け】(材料/お弁当2人分)
・鶏むね肉 1/2枚(→1.5㎝角に切る)
・ナンプラー 大さじ2
・砂糖・おろしにんにく 各小さじ1

材料を合わせてもみ込むだけ! 保存期間の目安は冷蔵3日程度、冷凍2週間程度です。

 

 

ワイヤーママ2018年1月号掲載

筆者プロフィール
武田真由美(たけだまゆみ)
1976年生まれ、徳島県出身。独自の節約術が主婦雑誌で紹介されたことがきっかけで、節約アドバイザーとして活躍を開始。そのワザは、多くの主婦から絶大な支持を集める。テレビ出演やWEBサイトでの執筆、クッキングショーへの出演など多方面で活躍中。2015年9月には著書「時短×カンタン×おうちごはん」(ワイヤーママ、800円+税)を出版。

ホームページ
http://ameblo.jp/bistromayumi/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です