イベント
〜2018.03.18(日)

おいしい名画~名画の中の食卓~(大塚国際美術館)

12/1(金)~3/18(日)9:30~17:00 おいしい名画~名画の中の食卓~ 美味しそうな食べ物を描いた静物画をはじめ、にぎやかな食卓の風景を描いた作品など、「食」をキーワードにした古今の西洋名画を紹介する『大塚国際美術館』冬の企画展。期間中の土日にはスタッフの案内によるアートツアーが開催されるほか、レストラン&カフェには名画にちなんだメニューが登場するなど、興味深い企画が満載だ。 会場/大塚国際美術館 (鳴門市鳴門町 鳴門公園内) 問い合わせ/同館TEL088-687-3737 (月曜休館。祝日の場合は営業、翌日休み) http://www.o-museum.or.jp
イベント
〜2018.02.25(日)

特別企画「乗り物でノリノリ」(あすたむらんど徳島)

●特別企画「乗り物でノリノリ」 日時/12/28(木)~2/25(日)9:30~16:30 内容/冬の季節に暖かい屋内で遊ぼう。 ●手づくり工房「たこ」 日程/12/26(火)~1/30(火) 時間/10:30~12:00、13:00~16:00、土曜・日曜・祝日は10:00~16:30(受付は各回終了30分前まで) 参加費/150円 「水と緑と光」をコンセプトにした遊具や施設がいっぱいの『あすたむらんど徳島』。豊かな自然の中で遊びながら学べる「子ども科学館」や、世界一の明るさを誇る「プラネタリウム」、水を利用した「ウオーターパラダイス」など、家族みんなで楽しめるおでかけスポットだよ。各イベントの詳細はHPをチェックしよう。8月は無休。
イベント
〜2018.02.12(月)

ミュージアムバレンタイン2018(大塚国際美術館)

バレンタインの『大塚国際美術館』は、名画に見られるさまざまな時代の恋愛を紹介する「バレンタインアートマップ」をはじめ、SNSのシェア企画や期間限定スイーツなど、ハートフルな企画がいっぱいだ! 期間中ショップには、美術館オリジナルの「“モナ・リザ”オリジナルクランチチョコレート(540円)」も登場するよ! 会場/大塚国際美術館 (鳴門市鳴門町 鳴門公園内) 問い合わせ/同館TEL088-687-3737 (月曜休館。祝日の場合は営業、翌日休み) http://www.o-museum.or.jp
イベント
〜2018.02.18(日)

バレンタイン宝探し(あすたむらんど徳島)

●バレンタイン宝探し 日時/2/1(木)~13(火)9:30~17:00 参加費/公園ゾーン(無料)、常設展示場(常設観覧券が必要) 内容/隠された宝箱(1日5個)を見つけて景品をゲットしよう。宝箱がなくなり次第終了。 「水と緑と光」をコンセプトにした遊具や施設がいっぱいの『あすたむらんど徳島』。豊かな自然の中で遊びながら学べる「子ども科学館」や、世界一の明るさを誇る「プラネタリウム」、水を利用した「ウオーターパラダイス」など、家族みんなで楽しめるおでかけスポットだよ。各イベントの詳細はHPをチェックしよう。
イベント
〜2018.02.27(火)

手づくり工房「ひょうたんのおひな様」(あすたむらんど徳島)

●手づくり工房「ひょうたんのおひな様」 日程/2/1(木)~27(火)※2/17(土)は除く 時間/10:30~12:00、13:00~16:00、土曜・日曜・祝日10:00~16:30(受付は各回終了30分前まで) 参加費/300円(材料がなくなり次第終了) 「水と緑と光」をコンセプトにした遊具や施設がいっぱいの『あすたむらんど徳島』。豊かな自然の中で遊びながら学べる「子ども科学館」や、世界一の明るさを誇る「プラネタリウム」、水を利用した「ウオーターパラダイス」など、家族みんなで楽しめるおでかけスポットだよ。各イベントの詳細はHPをチェックしよう。
イベント
〜2018.02.18(日)

とくしまLED・デジタルアートフェスティバル(城山公園・新町川・県庁・万代倉庫周辺)

「水都・とくしま」の魅力を創造・発信するアートフェスティバル。徳島市出身の猪子寿之氏が代表を務める『チームラボ』の作品を中心に、LEDやデジタルを活用した最先端のアート作品が展開されている。また、シンボルアート作品の展示以外にもワークショップやセミナーなど、徳島の街中を舞台に多彩な催しも開催されているよ。 会場/徳島市中心部 (城山公園・新町川・県庁・万代倉庫周辺) 問い合わせ/とくしまLED・デジタルアートフェスティバル実行委員会TEL088-621-5225 http://tok-led-artfest.net/
イベント
〜2018.02.12(月)

工作教室「マイバックを作ろう」(川口ダム自然エネルギーミュージアム)

●工作教室「マイバックを作ろう」 日時/2/3(土)、4(日)、10(土)~12(月・休)、17(土)、18(日)、24(土)、25(日)9:30~16:30(随時開催) 材料費/200円 内容/スタンプをペタペタ。オリジナルのマイバッグを作ろう。 那賀町の川口ダム湖畔に2016年7月にオープンした『川口ダム自然エネルギーミュージアム』は、太陽光・水力・風力の3つの自然エネルギーと水素燃料電池の仕組みについて学べる体験型施設。『チームラボ』制作のデジタルアートのほか、コミュニケーションロボットとの会話や大迫力の4K映像など、最先端技術を楽しく学べる。入館料無料。 会場/川口ダム自然エネルギーミュージアム (那賀町吉野字イヤ谷72-1) 問い合わせ/同所TEL0884-62-2209 (月曜定休。祝日の場合は営業、翌日休み) http://www.kre-museum.jp/
イベント
〜2018.02.12(月)

特別サイエンスショーおどろき大実験「ドラム缶つぶし!!」(あすたむらんど徳島)

●特別サイエンスショーおどろき大実験「ドラム缶つぶし!!」 日時/2/10(土)~12(月・休)14:00~14:30 参加費/常設展示観覧券が必要 内容/大気圧を利用した迫力のショーを屋外で楽しもう。雨天時は屋内で通常のショーを開催。 「水と緑と光」をコンセプトにした遊具や施設がいっぱいの『あすたむらんど徳島』。豊かな自然の中で遊びながら学べる「子ども科学館」や、世界一の明るさを誇る「プラネタリウム」、水を利用した「ウオーターパラダイス」など、家族みんなで楽しめるおでかけスポットだよ。各イベントの詳細はHPをチェックしよう。
イベント
〜2018.02.12(月)

読書のアニマシオン(徳島市立図書館)

●読書のアニマシオン 日時/2/5(月)、11(日・祝)、12(月・休)10:30~11:00 対象/どなたでも 内容/一緒に絵本の世界を楽しむ参加型イベント。 ●ふくわじゅつ 日時/2/10(土)10:30~11:00 対象/どなたでも 内容/腹話術や手品を楽しもう。 ●えほんのよみきかせ 日時/2/10(土)14:00~14:30 対象/3歳以上 内容/絵本で楽しもう。 ●こどもえいが会「わたしのアンネット アルプス物語」 日時/2/11(日・祝)14:00~15:30 対象/どなたでも 内容/原作「雪のたから」をアニメ化した世界名作劇場を上映。 児童書約65000冊の蔵書を備えた5Fこども室には、約8畳ほどのたたみコーナーやこどもの手が届くよう低めに設定した書架など工夫がいっぱい。ベビーカー、オムツ替えベッド、キッズトイレ、ミルク専用給湯器を備えた授乳室も完備されている。おはなし会は、ほぼ毎日午前と午後(10:30~、14:00~)の2回開催。 会場/徳島市立図書館 (徳島市元町1-24 アミコ5F・6F) 問い合わせ/同館TEL088-654-4421 (第1火曜休館) http://www.city.tokushima.tokushima.jp/toshokan/
イベント
2018.02.12(月)

わくわく科学の広場「簡単キーホルダーを作ろう」(阿南市科学センター)

日時/2/12(月・休)10:00~11:40、13:30~15:30 参加費/無料 内容/ホットボンドの材料で自分だけのキーホルダーを作ろう。 科学の不思議をユニークな装置で分かりやすく展示してある『阿南市科学センター』では、毎回テーマを変えて科学の原理・法則を楽しく実験している。幼児から参加できる楽しい科学工作「わくわく科学の広場」や、小学4年生以上向けの実験を行う「おもしろ科学実験室」を開催。詳しくは問い合わせを。 会場/阿南市科学センター (阿南市那賀川町上福井南川渕) 問い合わせ/同センターTEL0884-42-1600 http://www.ananscience.jp/science/
イベント
2018.02.12(月)

シンポジウム「わたしは川の守人 ~川遊びと川文化の継承について~」(徳島県文化の森総合公園21世紀館イベントホール)

川遊びって何をするの?川文化ってどんなこと? 本来の川遊びや川文化を理解しよう。 若者や子どもたちに伝え未来につなげていくためにはどうしていけば良いか共に考え話し合うシンポジウム。 平成30年2月12日(月・祝) 受付12時~ 開演13時~16時 場所 徳島県 文化の森総合公園 21世紀館イベントホール 参加費 一般700円 小・中学生500円(全席自由) 予約申し込みフォーム https://ws.formzu.net/fugen/s7658340/ 〈スケジュール〉 13:00 開会挨拶 13:05~13:50 野田知佑氏による基調講演 14:00~14:10 休憩 14:10~14:25 川の学校紹介 14:25~14:40 ゆいのふね紹介 14:40~14:55 川漁師 矢田氏紹介 14:55~15:10 休憩 15:10~15:45 討論会 15:45 閉会 主催 吉野川シンポジウム実行委員会 1993年 吉野川第十堰 可動堰化 問題を考えるために有志が集まり設立。 吉野川に関するシンポジウムや川遊び、川の食文化のイベントを多数開催する。 第十堰に関する勉強会を数年重ねて、2000年に住民投票を成功させる。 2001年からそれまでの経験を持って、吉野川に川ガキを取り戻すべく「川の学校 吉野川 川ガキ養成講座」を活動の中心に。 2010年 当時の前原国土交通大臣により可動堰化が白紙となるも、川に関する活動は継続している。 徳島県文化の森総合公園 21世紀館イベントホール (徳島市八万町向寺山 文化の森総合公園) 問い合わせ先 090-6280-6270 吉野川シンポジウム実行委員会(担当:島本)